メインコンテンツに移動
社員を知る
2015年 入社

I.R.

所属部署
製剤研究部 無菌製剤グループ
I.R.

入社からこれまでの経歴

入社後、製剤研究部に配属。最初の2年間は固形剤グループに所属し、錠剤処方・製法検討に従事しました。製造手技や製剤設計手法を学びながら、複数のプロジェクトの治験薬製造に携わりました。その後、無菌製剤グループへ異動し、現在は抗体医薬品の製造プロセス開発に関わる業務を担当しています。

現在の仕事内容

製剤研究部では、患者さんに医薬品を届けるための形にする研究を行っています。具体的には、製剤処方を設計し、製造方法を確立します。
開発段階では、治験薬の製造にも携わっています。さらに医療ニーズを反映した製品化を行い、生産現場への技術移転まで幅広い役割を担います。常に患者さんに投与されるものをつくるという緊張感を持ち、患者さんや医療現場の視点に立って業務に取り組んでいます。また、当社が得意としている低分子化合物に加え、抗体や細胞などのバイオテクノロジーを駆使した製剤開発にも取り組み、加速する創薬技術の多様化にも対応しています。
私は、抗体プロジェクトの治験薬供給に加え、安定して高品質な抗体製品を製造するためのプロセス開発に取り組んでいます。

仕事のやりがい

抗体医薬品の製造プロセス開発を通じて、ものづくりの面白さに惹かれています。 抗体医薬品の原薬製造には生きた細胞を用いており、生き物による変動因子を抱えつつ、高品質な原薬を安定して製造することは非常にチャレンジングな取り組みです。細胞が増殖し、抗体を産生する一連の現象を多角的な指標で分析し、細胞の状態を考察していきます。
最もパフォーマンスの高い培養条件を見出す過程には、サイエンスの知識と技術が結集しており、とても奥が深いものです。
治験薬製造は大規模で長期間かけて製造するため、常に細心の注意を払う必要があります。緻密なラボ検討を通して、確実に製品供給を果たすことに魅力とやりがいを感じています。

挑戦したいこと

抗体生産の現場では、製造コストの削減や製造の柔軟性向上などといった解決すべき課題があります。基盤技術の強化、最新鋭の設備獲得により課題を解決し、いち早く患者さんに新薬を届ける取り組みに挑戦していきたいです。

学生へのメッセージ

当社は革新的医薬品を生み出すことを目指しています。そのために、幅広く興味を持ち、新しい分野にもチャレンジする姿勢が求められていると感じます。“挑戦意欲あふれる”皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしております。

1日のスケジュール

  • 8:30 出社

    メールの確認、業務予定の確認。

  • 8:45 朝礼

    プロジェクトメンバーで週間予定を確認。

  • 9:00 実験

    計画通りに実施。

  • 12:00 昼食

    上司やグループメンバーと社内食堂で昼食。

  • 13:00 実験

    計画通りに実施。

  • 15:30 片付け

    実験に用いた器具の洗浄、生物試料の滅菌廃棄。

  • 16:00 デスク作業

    実験結果をまとめ、報告資料を作成する。

  • 17:20 退社

    デスク周りを整理整頓して退社。

I.R.の
経歴・関連職種