メインコンテンツに移動
社員を知る
2014年 入社

S.K.

所属部署
オンコロジーメディカルアフェアーズ部
S.K.

入社からこれまでの経歴

入社から2年間は営業本部に配属され、MRとして基幹病院を担当していました。製品知識は勿論のこと、社会人としてのマナーや倫理観など多くのことを学ぶことができました。現在は、オンコロジーメディカルアフェアーズ部の一員として、がんと闘う患者さんに信頼ある薬を届けるために、日々仕事に取り組んでいます。

現在の仕事内容

医薬品承認時は情報が限られており、「より安全に使うためには?より適切な患者は?」などの付加情報が求められています。そこで、メディカルアフェアーズはキーオピニオンリーダー(KOL)との科学的交流を通じた医療課題の同定、課題に対する活動プラン策定、活動プランに沿った解決策の実施を行うことで、医薬品の価値最大化(付加価値の提供:育薬)を目指しています。
また、これらの活動で得た情報を社内関連部署へフィードバックすることで、医薬品のライフサイクルマネジメント向上に努めています。特に、メディカルアフェアーズは広い視野や創造性が求められる部署のため、多角的な視点で物事を考え、早急かつ適切に活動ができるように、関連各部署の方々と密に連携し仕事を進めています。

仕事のやりがい

メディカルアフェアーズは“患者さんに必要な情報にもかかわらず、現時点でデータがないものを創り出す”創造性が求められる部署のため、データ創出した際の医療貢献度の高さは計り知れません。そのため、医師より「○○(創出したデータ)は役立つ情報だったよ」と評価された際の喜びは何事にも代えがたく、最もやりがいを感じる場面だと思います。
また、メディカルアフェアーズは関連各部署とのコミュニケーションが多い部署です。加えて、日本のみならず、台湾・韓国など海外に在籍するメディカルアフェアーズの方々と接する機会も多い部署のため、自分の活動がグローバルへ影響を与えうることが実感できる点、社内外における人脈を広げることができる点も魅力の一つだと思います。

挑戦したいこと

社外(共同開発会社など)、海外に在籍するメディカルアフェアーズの方々と議論を重ね、現在の医療にインパクトを与えうるデータ創出に繋がる活動プランを立案・実行できるようなリーダーになりたいです。

学生へのメッセージ

小野薬品には、困難にぶつかった際にサポートしてくれる心強い先輩方がたくさんいます。そのおかげで、若手でも様々なことにチャレンジできる会社です。「熱き挑戦者」として、そして「チームONOの一員」として是非一緒に働きましょう。

1日のスケジュール

  • 8:15 出社

    まずはメールチェック、最新の医薬品情報の確認、1日のTO DOリスト整理、会議・面会準備などを行います。

  • 9:00 会議

    各プロジェクトの実施検討及び進行状況の確認などを行います。

  • 11:00 外勤の準備

    外勤がある場合は面会準備をします。

  • 12:00 昼食

    チームメンバーと一緒に昼食を食べに行きます。

  • 13:00 外勤

    担当施設へ向かいKOLと面談します。特にメディカルアフェアーズは他県への出張が多いため、事前にきちんとスケジュールを組むことが大切です。

  • 16:00 営業現場からの問い合わせ対応など

    営業現場から問い合わせがあった場合、できるだけ速やかに対応します。

  • 17:00 活動記録作成及び翌日以降の業務準備

    KOLとの面談報告書作成及び翌日以降の業務準備を行います。

  • 19:00 帰宅

    訪問施設・日ごとで帰宅時間にバラツキがあります。帰宅後は、趣味や勉強に時間を充てています。

S.K.の
経歴・関連職種